この記事では、YouTubeに掲載した動画の画面上から、自分のWebサイトに誘導するためのリンクを設置する手順を解説します。

特に商品紹介などにYouTubeを使う場合、単に「動画を観て終わり」では意味がありません。詳細の確認や購入のために、他のサイトまでユーザーにアクセスしてもらう必要があります。

YouTube動画の画面上からは、不正な利用を防ぐため「自分が所有する(または正式に関与している)サイトである」と証明がとれているサイト(ドメイン)にのみリンクが可能です。

そこで、まずは「Google Search Console」というサービスで、リンクを張りたいサイトの登録を行います。

Google Search Console

912e1399-6b95-4613-ada2-5831ec5d18cc

まずは「プロパティを追加」をクリックし、リンクしたいサイトのURL(http://douga-school.jp/のようにサイトトップのもの)を入力して「追加」をクリックします。

a489ed7b-2622-4fe5-b2f1-8c4d22bb0413

次に、サイトが本人のもの(本人が内容変更の権限を持っているもの)である事を確認する操作をします。初期状態では、確認用のHTMLファイルをアップロードする方法が推奨されますが、少々面倒なので「別の方法」をクリックします。

098f0e18-7192-4d86-801e-27cc2917f958

同じGoogle IDでGoogleアナリティクスを使っていれば、「Googleアナリティクス」を選択して「確認」をクリックするだけで簡単に登録が行えます。Googleアナリティクスはアクセス解析の観点から必須のツールなので、使用してない方は是非設置しておきましょう。

854ddbff-d01d-4457-8f26-4abe719df027

下記のようなメッセージが表示されれば登録の完了です。

09694e84-bb1e-434e-955d-6d4d1533943d

ここまでが「Google Search Console」で行われる下準備。以下が、YouTubeのサイト上での設定となります。

YouTubeにアクセスして自分のID(Search Consoleと同じGoogle ID)でログインしたら、画面右上から「クリエイターツール」に入ります。

1bce04b5-91ac-448a-b0a7-307086b2399d

クリエイターツール左側のメニューから「チャンネル」をクリックし、さらにその中の「詳細設定」をクリックします。

69d8eb8b-3ae6-4ee5-8d65-c455e4ae33c8

詳細設定の中に「関連付けられているウェブサイト」という欄があるので、そこにGoogle Search Consoleで確認ずみのURLを入れて「追加」クリックします。

87be99ec-d36f-4009-8d68-3e24144f2d92

「確認済み」の表示が出れば、そのドメイン以下のページに直接リンクを張ることが可能となります。

1a6e3851-e688-44a6-be70-a55bf6e2ed71

なお、2つ以上のサイトを登録したい場合は、一度「削除」をクリックして前のアドレスを消した後、新しいアドレスを入れて「追加」をクリックします。削除を実行しても、既に確認済みのURLは使用可能なままなので安心してください(この構造は非常にわかりづらいので、いずれ改善されると思われます)。

d2d85b05-9a5e-474c-bf72-6d4608e29492

これで下準備は全て完了。長いですが、1つのドメインに対して1度だけ行えばOKなのでがんばって設定しましょう。

ここからは、個々の動画にリンクを設置する手順です。自分の動画の再生画面中に並ぶアイコンのうち、「アノテーション」(フキダシ型のアイコン)と「カード」(「i」表示のアイコン)でリンクが使用できます。

4f2e01cc-db1b-4c27-b1a9-7c05a8241fa8

アノテーションでは、任意のアノテーションを設置した後、下部の「リンク」をオンにし、「関連付けられているウェブサイト」を選んだ上でアドレスを入力します。関連付けられていないドメインのアドレスは、入力することができなくなっています。

6f0bad57-59de-4d42-baf6-ddef22a129dd

a1052b48-b681-4909-88f0-584e3c99e505

作成されたアノテーションには、リンクが適用された状態となります。

d2c20c64-d21f-4ff5-9441-717674487fa1

アノテーションはデザインの種類も多く、画面上の好きな場所、好きなタイミングで表示できるのが魅力ですが、スマホなどモバイル画面で表示されなかったり、ユーザーが任意にオフにできるなどの弱点があります。

モバイル、パソコンどちらからのアクセスでも確実にリンクを表示したい場合は、画面右側から出現する「カード」がおススメです。

カードの設定画面で「カードを追加:をクリックし「リンク 承認済みウェブサイトへのリンク」の「作成」をクリックします。

ce241d26-b646-4fa6-8afd-6d333e7e2681

設定画面では「サイトを選択する」のリスト内から登録済みのサイトを選択できます。サイトのトップではなく個々のページにリンクさせたい場合は「リンクのURL」欄でドメイン以下の部分を追加入力して次に進みます。

7281bbec-3c79-44f8-bf24-81209fc2896a

「関連ウェブサイト」の欄で、カードに記載される各々の情報と、サイトのプレビュー画像を設定します。「ティーザーのテキスト」は、カードが閉じている状態でユーザーが最初に目にする部分なので、わかりやすい文言にしておきましょう。

83017a1c-0aaa-4292-892b-a13bf24e81fc

カードは、位置は右上に固定ですが、表示されるタイミングを設定できるので、動画の内容にあわせてアクセスを促すことが可能です。

de259e2d-5a8c-4097-9cef-d40f63a8500e

カードは「ティーザーのテキスト」の内容がシンプルに表示され、そこのクリックやタップで詳細が開き、リンクを表示することができます。

5dba5ae0-0b6f-46ed-8a0c-9c0ad9eca611
a2b97b31-443d-48c5-ba83-d205a8b80647

動画からの直接リンクは、ビジネスやPRで動画を使うには欠かせない内容です。是非サイトの登録を済ませ、普段から動画にリンクを設置する習慣をつけましょう。

The following two tabs change content below.
大須賀 淳
映像作家、音楽家。企業ビデオ等様々な映像・音楽コンテンツを制作すると同時に、書籍や雑誌での執筆、世界トップクラスのオンライン学習サイト「lynda.com」等での講師、製品デモなども数多く務める。公式サイト「大須賀淳のバランス感覚」