この記事では、編集中の動画や素材を「Googleドライブ」で共有するメリットとその方法について解説します。

動画の制作中は、作業の様々な段階において他のスタッフ、上司、クライアントなどに経過を確認してもらう場面が出てきます。その際、動画のファイルは大きくなりがちなので、ファイルを直接ダウンロードしてもらうのではなく、Webブラウザ上で確認してもらうのが便利です。

時々みかけるのが、YouTubeを「限定公開」にして確認に使っているケース。これもNGではありませんが、YouTubeは基本的に「幅広い人々に動画を見せる」ツールですので、手軽な差し替えなどが行なえません。また、素材の受け渡しや納品などで動画のファイルそのものをダウンロードしてほしい際は、別途他の手段でアップロードする必要があります。

YouTubeに近い手軽さを保ちながらこれらを解消する手段としては、同じGoogleが提供しているオンラインストレージサービス「Googleドライブ」の使用をお勧めします。

Googleドライブは無料でも15GBのファイルが保存でき、これだけでもかなりの量の動画をオンラインに保存できます。さらに、月額1.99ドルで100GBに増設が可能で、これだけあれば余裕で数十時間分の動画を保存することが可能です。

そしてGoogleドライブ上に保存した動画は、下記のようなYouTubeと似たインターフェースで、パソコンのブラウザやスマホのアプリを使った再生が行え、
e5092d10-ed52-4593-aba1-2dfb9953826b

さらに、元のファイルをダウンロードすることも可能です。

b5a59fc5-d9f4-4334-a3a2-60ada3cbee6b

Googleドライブは「フォルダ」単位での共有が可能なので、フォルダ内に複数の動画を入れて一度に共有したり、動画を差し替えることも可能です。

まずは、共有用の新規フォルダを作成。

af335678-0c92-4768-9b75-92d5519f60ec

0acec660-a9e6-4a4d-a671-2ec377197c9e

作成されたフォルダを右クリックして「共有」を実行します。

14d4150d-e656-4a3c-ab7d-02d6fb828c5d

メールアドレスを入力して特定の人のみをアクセス可能にするほか「共有可能なリンクを取得」をクリックすると、検索などにはヒットせず、直接アクセスした人のみが閲覧できるアドレスが生成されます。

612156a0-fbdf-4be3-af9f-97ed02b88d98

ce5ae6d5-f759-4231-b09d-39daa8ec8570

動画のファイルは、サムネイルまたはリストの表示を切替可能で、ダブルクリックで再生のインターフェースが表示されます。

9c84263b-8aa8-4cce-9c13-d6ce22633601

e6f7f129-c5d3-4a1b-9fd8-11851d1e0ef7

先述のように、YouTubeと違い元のファイルをそのままダウンロードできるので、万が一のバックアップ用としても便利です。100GBの容量でも月額2ドル未満とコストパフォーマンスも非常に高いので、是非制作段階での共有に活用してください!

The following two tabs change content below.
大須賀 淳
映像作家、音楽家。企業ビデオ等様々な映像・音楽コンテンツを制作すると同時に、書籍や雑誌での執筆、世界トップクラスのオンライン学習サイト「lynda.com」等での講師、製品デモなども数多く務める。公式サイト「大須賀淳のバランス感覚」